報告 西部地域観察会 「半山を歩く」

日時  2017年7月22日(土) 9時~12時
場所  屋久島西部 半山地域
参加者 9人
引率・案内 杉浦秀樹、日下部力

半山地区は、昭和40年台まで人が住んでいたそうです。半山1号橋から出発して半山川沿いに下り、炭焼き窯、段々畑、家の跡などを見ました。五右衛門風呂、古い一升瓶、山仕事の道具などが今でも残っています。人が住まなくなって50年近く経ち、木もかなり茂ってきました。一見すると自然な森のようですが、中に入ってみると、確かに人がここに住み、生活を営んでいたことが実感できます。「屋久島のことを知りたい」という、参加者のみなさまの旺盛な好奇のおかげで、充実した観察会となりました。
半山でシカの観察をしている、北海道大学の日下部さんには引率の手伝いをしていただきました。お礼申し上げます。
この地域に関する参考文献をすこし挙げておきます。ご参考まで。

参考文献
松田 高明 (1997) 屋久島の不思議な物語―世界自然遺産の島. 秀作社出版.
大谷 達也. 揚妻 直樹. 揚妻-柳原 芳美 (2007) 屋久島西部世界自然遺産地域における森林利用の歴史. 保全生態学研究, 12, 78-85.
杉浦 秀樹 鈴木 真理子 (2015) 屋久島西部地域の古い人工物と過去の土地利用~瀬切川周辺~. 屋久島学, 2, 69-71.
杉浦 秀樹 (2016) 屋久島西部地域の古い人工物と過去の土地利用~川原周辺~. 屋久島学, 3, 120-122.

観察会のはじまり
観察会のはじまり(写真 日下部)
石段をみる
石段をみる(写真 日下部)
五右衛門風呂
五右衛門風呂が残っています(写真 杉浦)

 

 

2017年7月22日 屋久島西部地域の観察会

第4回屋久島西部地域観察会  「半山を歩く」

屋久島西部の半山地区では、1960年代まで永田の方が暮らしていました。今でも、畑、住居、炭焼き窯など、人の暮らしの跡がいろいろと見られます。
かつて人が暮らしていたのが、どんな所だったのか見てみませんか。私たちも、何に使ったか分からないものもありますが、一緒に見てみましょう。もし、当時の暮らしに詳しい方がいらっしゃれば、いろいろと教えていただければうれしいです。

日時  2017年7月22日(土) 9時~12時
場所  屋久島西部 半山地域
対象  特に制限はありません。坂道をゆっくりと1時間くらい下り、同じ道をまた登ることができれば大丈夫です。なお、中学生以下の方は保護者同伴でお願いします。
参加費 無料

服装  歩きやすい服装・靴(半ズボン、タンクトップ、サンダル履きなど、肌の露出の多い服装・靴は避けてください)
持ち物 飲み物、お菓子などの軽食(お子さんがいる場合は、途中でおやつ休憩を設けます)、虫が気になる方は、虫除け、天候が怪しい場合は雨具、動物や植物に興味のある方は、双眼鏡やカメラなども可

現地集合・現地解散とします。車で、午前9時までに西部林道の「半山1号橋」まで、おいで下さい。西部林道のカーブミラーには、北から順に1~79番まで番号がついていますが、このうちの27~28番の間です。車が手配できない方は、申し込みの際にご相談ください。
8:30までに永田の一番西の方にある「京都大学屋久島観察所」の前まで来ていただいても結構です。永田の派出所の近くです。

申込 事前にお申し込みください。安全確保のため、15人程度までとします。
お申し込みの際に、参加者全員について、以下の項目をお知らせください
1)氏名
2)未成年の方は年齢または学年
3)住所(当日の出発地)
4)連絡先

申込先 杉浦秀樹(京都大学野生動物研究センタ-)
E-mail: sugiura.hideki.7s@kyoto-u.ac.jp
携帯メール: hsugiura-.-987@ezweb.ne.jp
携帯電話: 090-2578-3555

主催  京都大学野生動物研究センター(永田にある京都大学の施設です)
共催  屋久島学ソサエティ

チラシ 西部林道観察会の案内2017_07 (PDF 0.2MB)

 

イベントのお知らせ 2016年10月23日(日)に開催

(大雨のため中止しました)

第3回屋久島西部地域観察会
西部の原生林をのぞいてみよう

日時 2016 年10 月23 日(日) 9 時~12 時
場所 屋久島西部 半山地域

屋久島の西部地域では、1960 年台まで、炭焼き、木の伐採、植林などが行われてきました。これらは主に、今の西部林道よりも海側の、標高の低い場所で行われました。林道の下側では、木を切った所が多いので、今でも小さな木が多く、その種類も、森を切り開いた後に、最初に生えてくものが多くあります。
一方、林道よりも山側の標高の高い場所では、あまり木が切られなかったので、原生的な森が残っています。昨年は、森を切り開き人が住んでいた場所に行きましたので、今回は、人があまり利用しなかった原生的な森に入ってみたいと思います。
林道の上側は斜面が少し急になります。なるべく、坂のゆるやかな場所をゆっくりと歩きます。あまり奥まではいけないかもしれませんが、原生的な森の雰囲気は味わっていただけると思います。ご参加をお待ちしております。

対象 特に制限はありません。坂道をゆっくりと1 時間くらい登り、同じ道をまた下ることができれば大丈夫です。なお、中学生以下の方は保護者同伴でお願いします。

参加費 1 人50 円(リクリエーション保険代他、雑費として)

服装 歩きやすい服装・靴(半ズボン、タンクトップ、サンダル履きなど、肌の露出の多い服装・靴は避けてください)

持ち物 飲み物、お菓子などの軽食(お子さんがいる場合は、途中でおやつ休憩を設けます)
虫が気になる方は、虫除け 天候が怪しい場合は雨具
動物や植物に興味のある方は、双眼鏡やカメラなども可

申込 事前にお申し込みください。安全確保のため、15 人程度までとします。
申込先 杉浦秀樹(京都大学野生動物研究センタ-)

E-mail: sugiura.hideki.7s@kyoto-u.ac.jp
携帯メール: hsugiura-.-987@ezweb.ne.jp
携帯電話: 090-2578-3555
主催 京都大学野生動物研究センター

イベントのお知らせ 西部地域の集落跡を訪ねて  11月3日(祝)に開催

西部地域の集落跡を訪ねて (2) 川原

11月3日(祝)に、屋久島西部地区の川原集落跡を訪問します。関心のある方は、ご参加ください。

チラシは こちら

屋久島西部の川原では、1950年代まで人が暮らしていました。動物や植物の調査で、西部の森に入らせていただくと、畑、住居、炭焼き窯など、人の暮らしの跡がいろいろと見られます。
かつて人が暮らしていたのが、どんな所だったのか見てみませんか。私たちも、この地域の昔の暮らしについて詳しいわけではありませんが、一緒に見て考えてみましょう。もし、当時の暮らしに詳しい方がいらっしゃれば、いろいろと教えていただければうれしいです。

日時  2015年11月3日(祝) 9時~12時 (雨天中止)
場所  屋久島西部 川原地域 (川原1号橋周辺)
対象  緩やかな山道を1km程度歩きます(林道から海の方へ下り、また林道まで戻ります)。中学生以下は保護者同伴でお願いします。
参加費 1人100円(リクリエーション保険代他、雑費として)
服装  歩きやすい服装・靴(半ズボン、タンクトップ、サンダル履きなど、肌の露出の多い服装・靴は避けてください)
持ち物 飲み物、お菓子(お子さんがいる場合は、おやつ休憩を設けます)
虫が気になる方は、虫除け
天候が怪しい場合は雨具
動物や植物に興味のある方は、双眼鏡やカメラなども可

現地集合・現地解散とします。車で、西部林道の川原1号橋までお越しください。(西部林道のカーブミラーに番号がついています。54番のカーブミラーのあたりです)。
永田からは、永田駐在所近くの京大の施設前を8:30に出発します。永田を通ってこられる方は、こちらに来ていただいても結構です。車が手配できない方は、申し込みの際にご相談ください。

申込  事前にお申し込みください。安全確保のため、15人程度までとします。

申込先 杉浦秀樹(京都大学野生動物研究センタ-)
E-mail: sugiura.hideki.7s@kyoto-u.ac.jp
携帯電話: 090-2578-3555
携帯メール: hsugiura-.-987@ezweb.ne.jp
主催 京都大学野生動物研究センター
共催 京都大学 霊長類学・ワイルドライフサイエンス・リーディング大学院