Monkey trap

よみがえる罠展-1950年代を生きた屋久島の猟師たち

屋久島町歴史民俗資料館 企画展
「よみがえる罠展-1950年代を生きた屋久島の猟師たち」
会期:2018年12月14日~2019年2月17日

12月14日(金) 18:00~ オープニングイベント
宮之浦在住の猟師である笠井健志氏による展示した罠の説明と、屋久島の狩猟について研究を行っている文化人類学者の服部志帆氏による1950年代の屋久島の猟師の説明を行います。

1950年代の屋久島で猟師たちは屋久島の山々に関する細やかな知識をつかって、サルやシカ、イタチを狩猟していた。当時の猟師たちは動物たちと密接な関わりを持ちながら、独特の狩猟法や知識を発達させていた。とくにサルの箱罠は、屋久島にしか見られないたいへん貴重な文化遺産である。現役の猟師である笠井健志氏が再現した昔の罠(サルの箱罠、シカ罠、イタチ罠)の展示と屋久島での狩猟研究のポスター展示を行う。

写真:笠井健志さんによって復元されたサル用の箱罠(撮影:服部志帆)