ヤクスギ

森林リモートセンシングの最前線とヤクスギ巨木林調査の可能性

テーマセッション1
「森林リモートセンシングの最前線とヤクスギ巨木林調査の可能性」

12月15日(土) 13:30~16:30

日本の自然を代表する存在の一つである屋久島の杉の巨木群にはいまだ謎が多く、長寿化の仕組みはもとより個体群の全貌も把握されていません。一方で全地球的な気候変動がもたらす災害の増加や環境の変化は、すでに森林の生態にも影響を及ぼしています。ヤクスギの保全を考えるには、現状を知り、継続的な変化を見守る必要があります。今回のセッションでは、実際の森林調査に加え、航空機やUAV(ドローン)に搭載したLiDAR(レーザー反射測定システム)や人工衛星の観測センサによる調査研究など森林リモートセンシング技術の現在と、ヤクスギの森、特に巨木の保全に焦点をあて、現状と将来を考えたいと思います。

講演者
加治佐剛(鹿児島大学)「空から森を測るリモートセンシング」
高嶋敦史(琉球大学)「ヤクスギ老齢木のさまざまな価値」
井田彰彦(NHKエンタープライズ 自然科学番組)「航空リモートセンシングの屋久杉調査への応用」
総合討論座長:湯本貴和(京都大学 霊長類研究所)

(写真は屋久島西部の小さな天然スギです。これでも森の中で見ると大きく感じますが、巨大ヤクスギはどれほど大きいのでしょうか? 撮影:杉浦秀樹)